So-net無料ブログ作成
検索選択

クリスマスに。アルザス風クグロフ [スイーツ レシピ]

フランスのアルザス地方の伝統的なお菓子でもあるクグロフ。
ドイツでもグーゲルフプフといってポピュラーなケーキパンだとか。
2016-12-24 11.10.27.jpg
【アルザス風クグロフ】
<材料>クグロフ型1台分
強力粉 250g 砂糖 25g 塩 4g ドライイースト 3g
卵 65g 牛乳 65ml 無塩バター 80g
漬け込みフルーツ(汁気をきって)120g ローストアーモンド 14粒
サラダ油 適量 粉砂糖 適量
作り方
フードプロセッサーにパンこね用のブレードをつけて、強力粉、砂糖、塩、イーストを
 入れて軽く撹拌する。牛乳と卵を合わせたものを撹拌しながら少しずつ加えてこねる。
➁まとまってきたら、バターを少しずつ加えてつやが出るまでこね、漬け込みフルーツを
 加えてさらにこねる。
③ボウルの内側にサラダ油を塗り、②を入れ、ラップをかけて40℃で60分発酵
 させる。2倍ほどに膨らんだら、冷蔵庫の野菜室でひと晩寝かせる。
④クグロフ型に油を塗り、底面にアーモンドを等間隔に入れる。
⑤生地をボウルから出し、中央にくぼみを作ってのばして穴をあけ、クグロフ型に
 入れる。ラップをかけて40℃で60分発酵させる。
⑥180℃のオーブンで50分焼く。
⑦ひっくり返して網の上に載せて冷まし、型をはずしてしっかり冷まし、粉糖をふる。

生地が柔らかく、ほんとに膨らむの???って心配だったけど
焼き始めたらしっかり膨らんだ。よかったよ~
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

フレッシュアップルケーキ [スイーツ レシピ]

りんごはお菓子に使いやすい果物です。
食べ応えのあるしっかりした生地にりんごの酸味がGood!
2016-12-23 14.46.55.jpg
【フレッシュアップルケーキ
<材料>直径20cm丸型1台分
りんご(紅玉) 2個
薄力粉 200g ベーキングパウダー 小さじ2
無塩バター 100g グラニュー糖 120g 卵 3個 牛乳 大さじ2
アプリコットジャム 適量
作り方
➀型にクッキングシートを敷いておく。オーブンは180℃に予熱する。
 粉類は合わせてふるっておく。
➁りんごは皮をむいて4つ割にし、芯を取り、塩水につける。
③ボウルにバターを入れてクリーム状にし、グラニュー糖を加えて、白っぽくなるまで
 すり混ぜる。溶き卵を2~3回に分けて加え、その都度よく混ぜる。
④粉類をふるいながら半量加え、ゴムベラでサックリと混ぜ、牛乳、残りの粉類を加えて
 混ぜる。
⑤型に生地を流し入れ、表面を平らにする。りんごは水気をきって、表面に3mm幅の
 切り込みを入れて、生地の上に放射線状に並べのせる。
⑥180℃のオーブンで65分焼く。
⑦粗熱を取って型をはずし、完全に冷まし、表面にアプリコットジャムを塗る。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

牛肉のチャプチェ [レシピ]

フライパンひとつで作れて、楽ちん。
m_E7899BE88289E381AEE38381E383A3E38397E38381E382A7[1].jpg
【牛肉のチャプチェ風】
<材料>4人分
牛こま切れ肉 120g 春雨 35g にんじんのせん切り 1/2本分
玉ねぎの薄切り 1/4個分 みつば 1/2束分 白ごま 小さじ1 ごま油 少々
A(しょうゆ 大さじ2 砂糖 大さじ1・1/2 おろしにんにく 小さじ1 
 ごま油 小さじ1)
作り方
牛肉は合わせたA大さじ1をかけてもみ込んでおく。
春雨は熱湯でもどして食べやすく切る。みつばは3cm長さに切る。
フライパンにごま油を熱し、にんじん、玉ねぎを炒める。しんなりしたら
牛肉を加えて炒め、肉の色が変わったら春雨を加えて炒め合わせ、火を止める。残りのAを加えて、混ぜ合わせ、みつば、白ごまを加えてあえる。

タグ:韓国
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鶏レバーの甘辛煮 [レシピ]

パテドカンパーニュを作って時に鶏レバーが残ったので
甘辛く煮て、常備菜に。
2016-12-18 18.47.13.jpg
【鶏レバーの甘辛煮】
<材料>
鶏レバー 400g
A(しょうゆ 50g 砂糖 50g)
しょうがのせん切り 適量
作り方
➀レバーは脂と筋を取って流水で洗い、塩水にしばらくつける。
➁鍋にAを入れて煮たて、レバーを加えて煮汁がなくなるまで、時々混ぜながら
 煮詰める。
③器に盛り、しょうがをのせる。

ご飯のおかずにも、おつまみにも◎

タグ:レバー
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パテ・ド・カンパーニュ [レシピ]

一年早いなー
年の瀬、恒例の趣味で通う塾の忘年会では一人、一品、一本が条件
そんなことで、一度に作って量のとれるものをと、パテドカンパーニュに挑戦!
作ってみると時間はかかるけど、意外と簡単だった。
IMG_20161218_081357.jpg
【パテ・ド・カンパーニュ】
<材料>パイレックス ベーシックパウンド型(180 x 75 x 60)1台分
豚肩ロース切り落とし肉 400g 
A(塩 小さじ1・1/2 こしょう 小さじ1/4 ナツメグパウダー 小さじ1/6
 シナモンパウダー 小さじ1/6 セージパウダー 小さじ1/6 ブランデー 大さじ2)
鶏レバー 100g ブランデー 大さじ1 スライスベーコン 9枚 
玉ねぎ 1/4個(50g) にんにく 1片 バター 30g
B(溶き卵 1個分 トマトペースト 大さじ1 パセリのみじん切り 大さじ1 
 粗びきこしょう 小さじ1)
ローリエ 2枚

作り方
① 豚肉はAをよくもみ込んで冷蔵庫で1時間ほどおく。レバーは脂と筋を取って
 流水で洗い、塩水にしばらくつけて臭みをとり、ブランデーをまぶして冷蔵庫で
 1時間ほどおく。
② 玉ねぎ、にんにくはみじん切りにし、バターでしんなりするまで炒め、
 粗熱を取って冷蔵庫でしっかり冷ましておく。
③ 豚肉は半分は包丁で3mm角くらいに刻み、残りはフードプロセッサー
 粗びき肉にする。鶏レバーはフードプロセッサーでペースト状にする。
④ ボウルに豚肉、レバーを入れて冷蔵庫で15分ほど休ませてから、②、Bを加え、
 よく冷やした手で粘りが出るまでこねる。オーブンは170℃に予熱する。
⑤ テリーヌ型にベーコンを縁から垂れ下がるように1枚ずつ交互に少し重なるように
 敷き詰め、
2016-12-16 20.29.56.jpg
 ④を空気を抜くようにしっかりと詰め、上面にタテにベーコンを2枚のせ、
 垂れ下がったベーコンでフタをするように包む。上にローリエをのせて
 アルミホイルをかぶぜ、重石をのせる。
⑥ 天板に深めのバットを置き、バットの中に布巾を敷いて⑤をのせ、型が半分つかる
 くらいまでバットに80℃の湯を注ぎ、170℃のオーブンで60分湯煎焼きをし、
 さらに160℃に温度を下げて30分湯煎焼きにする。竹串を刺して透明な汁が
 出てくれば焼き上がり。
⑦ オーブンから取り出し、冷水につけて粗熱を取り、汁気を捨て、
2016-12-17 09.05.28.jpg
 アルミホイルをかぶせ、重石をのせて冷蔵庫で8時間以上ねかせる。
⑧ 型をはずし、端から食べやすい大きさに切る。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ボローニャ風スパゲッティ [レシピ]

病院栄養士時代に「大人のミートソース」って呼んでいた、デミグラスソースを使った
ミートソーススパゲティを思い出して作ってみた。
2016-12-07 20.00.34.jpg
ボローニャ風スパゲティ】
<材料>4人分
合いびき肉 500g A(塩 小さじ1/2 こしょう 少々)
玉ねぎ 1/2個 にんじん 1/4本 セロリ 1/2本
赤ワイン カップ1 カットトマト缶 1缶 デミグラスソース 1缶
ローリエ 1枚 塩 小さじ1/2 こしょう 少々 砂糖 大さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
スパゲティ 300g
作り方
➀玉ねぎ、にんじん、セロリはみじん切りにする。
 ひき肉はAで下味をつける。
➁深めのフライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎ、にんじん、セロリ、
 ローリエを入れて弱火で炒める。
③全体がしんなりしたら、ひき肉を加えてザッとほぐしながら、
 焼き色をつけるように炒める。ローリエは取り除く。
④赤ワインを加え、強火で汁気がなくなるまで煮詰め、トマト缶、
 デミグラスソースを加えて煮立ったら、弱火にし、時々混ぜながら30分ほど
 煮込み、塩、こしょう、砂糖で味を調える。
⑤塩を加えたたっぷりの熱湯でスパゲティを表示時間通りにゆでて
 水気をきり、器に盛り、ソースをからめる。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

焼き餃子 [レシピ]

いつも餃子のあんの味つけは目分量だったけど、
今回はきっちり材料を計量して作ってみた。
2016-11-27 17.47.28.jpg
【焼き餃子】
<材料>26個分
餃子の皮 大判26枚
豚ひき肉 300g 白菜 300g 塩 小さじ1・1/2
にら 1/2束 長ねぎ 1/2本
A(塩 小さじ1/2 オイスターソース 小さじ2 ごま油 小さじ2)
作り方
➀白菜は粗みじん切りにし、ザルに入れて塩をもみ込み、水気をしぼる。
 にら、ねぎはみじん切りにする。
➁ボウルにひき肉を入れて粘りが出るまでこね、白菜、にら、ねぎを加えてよく混ぜ、
 Aを加えてさらに混ぜる。
③餃子の皮で➁のあんを包み、ごま油を熱したフライパンに縁に沿って渦巻き状に
 並べ入れて焼く。
④焼き色がついたら、熱湯を100ml加え、フタをして蒸し焼きにする。
⑤皮が透き通ってきたら、フタをはずし、ごま油を回しかけ、フライパンをゆすって
 はがれやすくする。
⑥焼きあがったら、フライパンよりひとまわり大きい皿をかぶせて
 裏返す。

白菜の芯の部分が大きめだと食感がちょっと楽しめる。
タグ:餃子 定番
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

キャラメルピーカンナッツ [スイーツ レシピ]

キャラメルを全量使ったのが失敗。甘すぎた。
レシピ通りにするべきなんだ、やっぱり…
でも、おいしいからレシピを記録
2016-12-04 19.17.34.jpg
【キャラメルピーカンナッツ】
<材料>18cm×24cmバット1台分
ピーカンナッツ 150g 無塩バター 160g ブラウンシュガー 85g
薄力粉 160g
*キャラメルソース*
ブラウンシュガー 170g 無塩バター 110g 生クリーム 60ml
バニラビーンズ 1/3本分 塩 少々

作り方
①ピーカンナッツはローストして冷めたら、粗く刻む。
②キャラメルソースを作る。小鍋にキャラメルソースの材料をすべて入れ、
 中火にかける。混ぜながら、とろみがつくまで加熱し、ひと煮たちしたら、
 火を止めて冷ます。
③ボウルにバター、ブラウンシュガーを入れて泡立て器でクリーム状になるまで
 混ぜ、薄力粉を加えて混ぜる。
④バットにクッキングシートを敷き、③を入れて5mm厚さになるようにのばして
 敷き詰め、表面にフォークでピケする。
⑤180℃のオーブンで20分焼いて取り出し、表面にピーカンナッツをのせ、
 キャラメルソースをかけて(キャラメルソースの量は調整。240mlだけにする)、
 さらにオーブンで5分焼く。
⑥冷めたら、食べやすい大きさに切る。

ショートブレッド生地の上にキャラメルとピーカンナッツ。
アーモンドで作るフロランタンににているか?でも甘い。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アップルシュトルーデル [スイーツ レシピ]

昨年、ウィーンで食べ損ねたスイーツ。
ディナーのコースメニューにはデザートの部分にシュトルーデルって書いて
あったのに、出てきたのはアイスクリームだった。品切れでした。
本場でしっかり味わってみたかったのに…
食べたことないけど、作ってみた。
2016-12-04 16.14.16.jpg
【アップルシュトルーデル】
<材料>25cm長さ1本分
*生地*
薄力粉 90g 強力粉 10g 塩 小さじ1/5 サラダ油 大さじ1 水 50ml
*ブレーゼル*
ドライパン粉 50g 無塩バター 10g グラニュー糖 5g
*フィリング*
紅玉りんご 2個(400g) 富有柿 1/2個(100g) レーズン 30g
レモン汁 大さじ1 グラニュー糖 50g シナモンパウダー 小さじ1/4

溶かしバター 50g 粉砂糖 適量

作り方
➀生地を作る。ボウルに粉類をふるって入れ、塩、サラダ油、水30mlを加えて
 スケッパーで切るように混ぜる。残りの水を加え、滑らかになるまでこねる。
 ひとまとめにしてサラダ油小さじ1ほどを表面に塗り、ラップで包んで
 40分以上休ませる。
➁ブレーゼルを作る。パン粉は160℃のオーブンで8分ほど焼いて、さいの目に
 切ったバターを混ぜてなじませ、冷めたらグラニュー糖を加えて混ぜる。
➂フィリングを作る。りんごは4つ割にして皮をむき、2mm厚さのいちょう切りに
 する。柿は皮をむいて1cm角に切り、レーズンはぬるま湯につけてもどす。
④ボウルにりんご、柿、レーズンを入れてレモン汁を加えて手でもみ込んでなじませ、
 グラニュー糖、シナモンパウダーを加えて混ぜる。
⑤クッキングシートを広げ、生地をのせ、打ち粉をしてめん棒でのばす。
 12cm四方くらいにのびたら、手で半円を描くようにのばし、端はつまむように
 して30cm×40cmに薄くのばす。(穴が開いたら端の生地をきって埋めておく)
2016-12-04 14.14.21.jpg
⑥長い辺をヨコにして広げた生地に溶かしバター1/3量を塗り、
 手前にブレーゼル1/2量をのせ、その上にフィリングをのせ、残りのブレーゼルを
 のせる。
2016-12-04 14.18.08.jpg
⑦手前の生地をクッキングシートごと持ち上げてフィリングを芯にしてひと巻きし、
 両端を折りたたんでさらに巻いていく。
⑧クッキングシートを敷いた天板に巻き終わりを下にしてのせ、表面に
 残りの溶かしバター1/2量を塗って180℃のオーブンで25分焼く。
2016-12-04 14.24.43.jpg
⑨取り出して、残りの溶かしバターを塗り、さらにオーブンで30分焼く。
⑩焼きあがったら、粗熱を取って、粉砂糖をふり、食べやすい大きさに切り分ける。

本来はりんごだけなのだけど、柿があったので入れてみました。
加熱すると柿って存在感がなくなってしまった。干し柿のほうがよかったかも。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理